職業体験学習 in 豊城 今泉力哉 
 緊張した――――  
  始まった・・・


職業体験学習が始まったのだ、


最初はもずくを碗に盛り付ける仕事だった、

同じ量づつ分けて入れるのが難しくモズクが、

「ぬるぬる」していて気持ち悪かった
  次に漬物盛り付けを行った

形を取るのが難しく

戸惑っていると女将さんに、

「両手を使え」と注意された、

その時僕は少しいと思った。
  今日は最後に

 「ラディッシュ」の茎と根をとる仕事を行った


1,5箱ぐらいとったのでとても首が痛くなった。
  そして、次の日

僕は掃除機を使って掃除をした

ゴミを一つも逃さないよう、

と思ってやったらとても疲れた、

ああ〜腰が痛い
、、、、
  次に僕は接客を行った

接客は、伊藤さん

丁寧に教えてくれました、

ご飯やみそ汁の置き、

テーブルの拭き方など、

わからないところも、教えてくれて、伊藤さんは

天使のような人
だなー思いました。

と、「書け」と言われました。

一緒に職業体験学習に来ている
井本君もそう書けと言われたそうです。
   最後の日、昼食を作りました

うまく盛り付けできるかわからないという

「ドキドキ」がありました、

バランスが難しかった。
   そして、出来上がったのがこちらです。

食べてみたらとても美味しく

肉は、口の中でとろけてしまい、

何切れでも食べれそうでした
 感想


この職業体験学習では、いろんなことを学びました。しかしここは過酷でした。
女将さんは、のようで、

今ホームページを書いている時も、怖いです、掃除の時も大変、盛り付けの時も怒られた

過酷でした。

なのでここに体験学習をしに来るなら、

心の準備をしたほうがいいです 
 

先ず 
まとめや感想はここで何を学んだかを書く欄であって
おかみちゃんの宣伝をする場ではない!!(笑)

まずは3日間お疲れさまでした

昨日の日誌にも自分で書いていましたが
掃除がとても丁寧にできていました
隅々まで目で確認しながら掃除機をかけていたこと
おかみちゃんはしっかり見ていましたよ

井本君もそうだけど今泉君も食事をしながらおいしい!!と
大きな独り言を言っていましたね

自分で焼いたお肉は格別だったことでしょう

料理人はお客様に美味しいと笑顔になってもらうのが仕事です
二人は自分を笑顔にすることができたね

あとは食べるときのマナーも大切ですよ
覚えてデートで実践しましょうね

そしてこれも昨日の日誌にお客さんの気持ちになって丁寧にとありました
これは日常生活でも友達同士でも言えることです
人の立場になって物事を考える
学校でも 家でも・・・

さぁ 明日からの学校生活なにかちょっとでも変わってくると嬉しいです